【厳選おすすめ4サイト】エンジニアの副業はまずこれに登録!土日・週1・在宅でもOK

政府も副業促進を後押しし、副業ができる会社もかなり増えてきました。

世の中的にも「複業・副業」というワードが様々飛び交うようになり、様々な副業ができるサービス・サイトも登場しています。

なかでもエンジニアは人手不足で人員が足りない企業に対し、スポットで案件を任せやすく、企業側・副業する方双方にとって仕事がしやすい職種であると思っています。

そこで、数多くある副業サイトの中から、どうやって探せばいいのか、またどのサイトがどのようなメリットがあるのかをこの記事では解説したいと思います。

とにかく、いろんなサイトがありますが、比較した中でもおすすめの4サイトを紹介します。

副業サイトは 登録→ユーザからアプローチor企業からアプローチ→面談

のように転職サイトと同じような流れなので、まずは登録して自分の目的にあった企業がみつかるようにすることが大事だと思います!

webディレクター、マーケターの副業サイトのおすすめはこちら

エンジニアの副業とは?

一重にエンジニアといっても、フロントエンド、バックエンド、インフラ様々な得意分野があるかとは思いますが、どの分野においてもエンジニアの副業ニーズはかなり多いといえます。

副業案件も豊富なmidworks では以下のような「スキル検索」もあり、様々なスキルから検索が可能です。

週1~2日などでも探すこともできます。

副業の就業場所として、完全リモートOKなのか、常駐型なのかもチェックすべきポイントです。

多くのサイトにはそのような条件を表示しているので、自分のワークスタイルに合った形の案件を探すのがベストです。

比較的、完全リモートもエンジニアの案件では多いように思いますので、サイトで確認したり、エージェント経由または直接問い合わせてみましょう。

副業のメリット・デメリット

メリット①(当然ながら)副収入が得られる。

→需要が多かったり、希少性の高い言語などだと、単価も高くなり、効率的に稼ぐことも可能です。

メリット②スキル向上に役立つ

→土日でも個人で勉強しながらスキル向上されている方もいるかと思いますが、副業であれば収入を得ながらプログラミングスキルを向上させることも出来ます。

メリット③新たな技術を身につけられる

→プロとして副業するからには、自分が元々出来ない言語などで採用されるパターンは稀かと思いますが、本業の会社の運用体制との違いや、今まで知らなかった知識や発見を通して、本業に役立てることも可能です。

デメリット①意外と稼げない

→これは案件を受ける企業によりけりですが、時給制で採用しているところもあり、先方の運用が回っていない場合、タスクがうまく落ちてこず、結局スタートしたけどあまり副業を行えないこともあります。また、時給制だと成果に見合う動き方というよりも、稼働時間によって報酬が決まるため、単価が高くない場合だと、思ったよりも稼げないことがあります。

デメリット②思ったよりもスキルアップに役立たない

→スキルアップを!と思って意識高く望んだものの、結局やることが自分が想定していなかったようなタスクで、これだとスキルアップに全くつながらない、、ということも起こりえます。

結局、企業側と入る前にどういう部分で困っているか、どのようなタスクを考えているかを、しっかりすり合わせすることが重要かと思います。

どういう案件?いくらくらい稼げるの?

案件としては様々な形態があり、

webだとPHP、Python、Java、Rubyなど、アプリだとiOS、Android、先程のmidworksだと、Mysql、AWS、Windows Serverなんてタグまであります。

つまりIT系、webやアプリのエンジニアとして何らかお仕事されている方は、大抵の案件はどこかしらでニーズがある形です。

例えばmidworksでは以下のような案件があります。

案件;画像解析エンジニア (Python)

【主な業務】
・基盤システムやプロダクトの設計開発
・行動解析、トラッキング、WEBAPI
・検知・アラートシステム
・商品、棚、顧客などの管理システム

2ndMission:挑戦したい未経験領域もご相談可能です。

必須スキル
・下記に記載する職域や周辺領域における1年以上の実務経験(1つ以上)
 - 画像解析システム開発
 - 画像・時系列にかかるディープラーニングアルゴリズム開発
 (行動判定/予測・顔認証・歩容認証・POSE推定・トラッキング・物体識別・マッピングのうち1つ以上)
 - システム開発 (Python or C++)
 - WEBアプリケーション開発(Ruby)
 - コンパイラやGPUソフトウェア開発
 - 自動化やQuality Assurance

歓迎スキル
・日本語 / 英語 でコミュニケーションがとれる方

案件詳細
単価/月
70万円~100万円/月
週出勤回数 週1 ~ 2日
勤務地 半蔵門駅 / 千代田区
職種 サーバーサイドエンジニア
開発環境
言語
Python

このような形です。

また、上記はPythonで比較的金額も高めで、金額もかなり言語やスキルによってまちまちですが、大体月フルで入ったとして60万円~80万円の金額帯が多く、時給単価だと3500円くらい~5000円くらいが平均ではないかと思います。

もちろんご自身のスキルの内容によってはさらに大きい金額を払ってでも、手伝ってほしいという企業はいますので、上記はあくまで目安ととらえてください。

Pythonなど別の言語を新しく学んでみたいという方はこちらの記事がおすすめです。

【2020最新】おすすめプログラミングスクール6選!料金・特徴を徹底比較

土日・週末のみでもいいの?在宅リモートも可能

主に副業サイトとして謳っているサイトは検索条件でも、週1~2や、土日という項目があり、案件も多くはないですが、週1~副業することも可能です。

上記のPythonエンジニアも週1〜2が条件として提示されています。

サイトによって週に○時間ほどというような条件もあり、副業開始前にすりあわせは必要ですが、忙しい方でも土日のスポットタイムを利用して副業も可能です。

また企業によって、フルリモート在宅OK、週1は出社必須、完全常駐など、様々なパターンがあります。

場合によっては最初は出社を含めつつ徐々にフルリモートに移行していくというパターンもあります。

副業に特化したサイトをご紹介

それでは肝心の副業に特化したサイト、特にエンジニアの案件数が多いサイトをご紹介します。全て案件一覧の情報を見れるサイトのみにしております。

サイトには主に2パターンあり、エージェントが付く形のサイトは直接採用を防ぐため、企業名が伏せられており、サイトでのマッチングをさせるサイトは企業名を表示している形になります。

エージェントがいた方が面談や手続きなどはスムーズかと思いますが、企業側から取る手数料が高い場合もあるため、自分がやりたい案件があればサイト上でマッチングさせるサイトで直接やり取りするのが良いかと思います。

おすすめNo.1「Midworks」

Screenshot of px.a8.net

こちらはエージェント型のサイトです。

土日、週1~2でもできる副業案件も増えてきている印象です。

特にエンジニアのポジションや言語別にサーチできる機能が探しやすくおすすめです。

サイトのタイプ:エージェント型
検索条件:職種・スキル(言語、ツールなど)・収入・勤務地・週○回
フリーワード検索:あり
 

おすすめNo.2「ITプロパートナーズ」

Screenshot of itpropartners.com

こちらも言語やスキルで検索でき、情報量も多くおすすめです。

エンジニアの案件も多いですが、デザイナー、マーケター、プロデューサーなどの案件もかなり豊富で、全体的に網羅されているサイトといえます。

サイトのタイプ:エージェント型
検索条件:職種・スキル(言語、ツールなど)・収入・勤務地・週○回・土日
フリーワード検索:あり
 

おすすめNo.3「Workship」

Screenshot of goworkship.com

こちらのサイトでは言語などでは検索できませんが、案件数も徐々に増えてきており、元々LIGの創業者が立ち上げた会社ということもあり期待です。

Workship AGENT(ワークシップエージェント)というエージェント型のサイトもあるようです。

サイトのタイプ:マッチング型
検索条件:職種のみ
フリーワード検索:なし

おすすめNo.4「プロの副業」

Screenshot of profuku.com

こちらのサイトも様々な職種があり、エンジニア案件が多いというわけではありませんが、技術顧問などの募集もあり、かなり高いレベルの人材には向いているようです。

サイトのタイプ:マッチング型
検索条件:職種のみ
フリーワード検索:なし

クラウドソーシング・スキルシェアサービスで試すのもあり

定期的な時間が取れない人はまずはスポットで案件を受けてみるのもありかと思います。

クラウドソーシング系のサイトやスキルシェアサービス、スポットコンサルティングサービスなど様々あり、そのようなサービスだと1件いくらという形で発注を貰う場合が多いです。

クラウドワークス

Screenshot of crowdworks.jp

案件としてはかなり豊富で、ゼロベースからの開発、ワードプレスを利用した開発、保守・運用など、本当にいろんな形があります。

Web開発・システム設計というジャンルだけで約3万件あります。

クラウドソーシングは日本最大級の「クラウドワークス」

ランサーズ

Screenshot of www.lancers.jp

こちらもご存知クラウドワークスと同じジャンルのサービス。

結果で件数はでませんが、そのカテゴリの単価が表示されていたりするので、見てみる分にはいいかもしれません。

ランサーズ | 日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト

ココナラ

Screenshot of coconala.com

スキルシェア系サービス。少し前芸人の和牛さんのCMで認知させていた企業。単価安めの個人同士の取引が多いですが、のぞいてみる分にはいいかと思います。

ココナラ – みんなの得意を売り買い スキルマーケット

ビザスク

Screenshot of service.visasq.com

こちらはスポットコンサルサービス。企業の知見がない事柄に対して、登録者がコンサルティングや、インタビューしてもらったりできるサービス。1件1〜2時間くらいで1万円などの案件もちょいちょいあり、その分野に知見のある方は結構マッチするかもしれません。

日本最大級のスポットコンサル|ビザスク

サラリーマンが会社へバレないようにするための確定申告の方法

ところで、そもそも自分の会社は副業OKじゃないという方でも副業を始めたい場合は、会社にバレないようにするのが重要になってくるかと思います。

会社にバレる一番の理由としては、「住民税があがることにより、給与担当者にバレる」です。

所得が増えることによって、住民税の金額が変わるので、給与担当者は一気に上がった住民税を見て、副業やってるな。となります。

なので、それを避けるためには自分で住民税を支払うために確定申告をするということです。

年間で「売上-経費」が20万円以上の方は確定申告が必要になりますので、確実に行っておきましょう。

2019年度の確定申告の期間は2020年2月17日(月)から3月16日(月)の予定のようです。

副業の確定申告はマネーフォワードがおすすめ!家計簿と連携ができるのでこれ一択。

実力を試せたらフリーランスに転身もあり

様々な副業の形がありますが、自分の実力で今いる会社よりもさらに出来ると思ったら、フリーランスに転身というのも一つの形かもしれません。最後にフリーランスのおすすめサイトをご紹介します。

レバテックフリーランス

Screenshot of px.a8.net

フリーランスといえばこのサイト。業界最大手。

営業もしっかりしていて、案件数もかなり多いため安心して登録できます。

レバテックフリーランス

フリーランススタート

Screenshot of freelance-start.com

こちらはエージェントと提携し、様々なエージェントの案件を掲載しているサイトになります。かなり案件数が多いので、地方やなかなか自分の思う条件で案件がでてこない方は使って見てもいいかもしれません。

フリーランスエンジニア向けIT求人・案件サイト【フリーランススタート】

以上!それでは皆さん、副業・複業をされる方もされない方も仕事や人生をより良いものにするようにお過ごし下さい。